JUDGE2021

本年のJUDGEの皆さんをご紹介いたします。
■SKILL JUDGE:技術点を採点します。
■PERFORMANCE JUDGE:芸術点を採点します。
■HEAD JUDGE:審査員長として、採点の基準統一を図ります。
■DEDUCTION JUDGE:減点の採点を行います。

■HIRO
担当:SKILL JUDGE

ニューヨークでHOUSEダンスのオリジネータークルー”DANCE FUSION”のメンバーとして活動。
帰国後、”ALMA”、”S.T.O”のメンバーとしても活躍。
近年では活動の幅を世界に広げ、「JUST DEBOUT 2007 、2017 Paris」にて世界一を2回獲得など、輝かしい経歴と実績を持ち、世界中を飛び回るハウスダンサー界のスーパーダンサー。
THE ABSOLUTEやSTREET DANCE CAMP JAPANなど数々のイベントもオーガナイズしている。

”JUSTE DEBOUT”世界大会2007 PARIS 優勝
”JUSTE DEBOUT”世界大会2008 PARIS 準優勝 等

■MADOKA
担当:SKILL JUDGE

日本を代表するダンスチーム「フォーマーアクション」で活躍中。国内大会のみならず世界大会でも優勝するなど輝かしい実績を残し、50以上のタイトルを持つ。
Gackt、Soul’d Out、BENNIE K、ロードオブメジャー等の振り付けやバックダンサーを務め、
テレビ番組、DVD、雑誌、モデルなどの出演も多い。
彼の起こす活動には日本中のダンサーが注目している。

HIPHOP INTERNATIONAL 2018 WORLD BATTLE (POPPING)優勝
TOKYO DANCE DELIGHT 優勝 JAPAN DANCE DELIGHT vol.12 優勝 等

■CHACO
担当:SKILL JUDGE

武富士、クロレッツを始め多数のCMに出演、TRF、松浦亜弥、LGYankees、水曜日のカンパネラなどアーティストの振付、ダンサーを務める。
最近ではGACKT演出主演舞台MOON SAGA〜義経秘伝〜そして陣内孝則主演舞台Honganjiに参加。
現在は専門学校の講師を務める他、新体操、TAP 、JAZZ、BalltからStreetまでジャンルにとらわれない、マルチなダンサーとして、舞台の振り付けや、ライブ演出、舞台人、歌手のダンスクラスなど育成にも力を入れている。

JAPAN Dance Delight 関東代表
Dance flash 優勝 等

■ABERE
担当:SKILL JUDGE

結成30周年超え、老舗Breaking Team、「WASEDA BREAKERS」に所属し、10年以上に渡りリーダーを担う。
個人活動では、オリジナリティを駆使したスタイルで、様々なバトルシーンにて実績を残す。
現在はリーダーを後進に託し活動の幅を広げ、踊りによる自己確立を課題に、ショー、バトル、ジャッジ、レッスン、ワークショップ等、様々な活動に従事している。

OLD SCHOOL NIGHT 2004 優勝
REDBULL BC ONE TOKYO cypher 2014優勝 等

■RHYTHM
担当:PERFORMANCE JUDGE

アメリカ、ロサンゼルス生まれ。
エンターテイメントの本場、ロサンゼルスにてスヌープ、
ウィル・スミス、Universal Studios Japan、Jay-Zなど数々のアーティストとグラミー賞やダンス映画”YOU GOT SERVED(ユーガットサーブ)”に出演。
ホリプロロサンゼルス支部にてヘッドインストラクターを務め、自身がプロデュースするキッズダンスチーム”RIZE”のヘッドコーチを務める。

ミュージックプロデューサー”Ensoniq Ali”(エンソニック・アリ)
としてテレビ番組や、アーティストなどへの楽曲提供も精力的に行い、幅広く活動の場を広げている

■YUTA YAMAMOTO
担当:PERFORMANCE JUDGE

2001年、19歳よりダンスを始める。2010年より専門学校「国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校」でダンス科を担当。また、キッズチームの振付も担当し、数々の大会で優勝・入賞を果たす。
2018年、アメリカアリゾナ州フェニックスにて、HHIジャッジコース修了。2020年、HHIボリビア大会において、日本人唯一のジャッジとして招聘され、現在は、「国際音楽・ダンス・エンタテイメント専門学校」の副校長も務めている。

■TSUZUKI
担当:PERFORMANCE JUDGE

2015年より、HHI JAPANの運営及び大会をサポートしている。
2017年、アメリカアリゾナ州フェニックスにて、HHIジャッジコース修了。
ALL JAPAN HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIPにおいて、長年にわたりジャッジを務めている。

■SUE
担当:HEAD JUDGE
PERFORMANCE JUDGE

本大会の審査委員長を務める。
2002年よりHHI JAPANの主催する国内大会において長きにわたり、JUDGEを務める。
HEAD JUDGEからDEDUCTION JUDGEまで幅広い担当を行うことができ、今までのジャッジの実績が評価され、2019年 WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIPではワールド ジャッジ20名に選出され決勝メインジャッジを務めた。

■EMI
担当:DEDUCTION JUDGE

HHI本部会長ハワード・シュワルツ氏の日本とアメリカ間のイベントコーディネーターを長年勤め、2002年にHHIUSAと同時期にHHIJAPANライセンスホルダーとして大会を設立し主宰開始、現在に至る。
米本部の大会ルール作成改訂のテクニカルコミッティーに参加し、競技としてのヒップホップダンスイベントの世界共通ルールの発展に寄与してきた。
2004年~2017年までFIG(国際体操協会)公認審判資格を保持し、国際大会で審判を経験する。